秋葉原と神田川

秋葉原駅といったら電気街と直結したJRの駅を思い浮かべる人が多いと思います。

 

ですが日比谷線にも秋葉原駅があります。所謂メトロです。
日比谷線の秋葉原駅はJRとはちょっと離れたところにあるんですよね。

私は神田川沿いの入り口をよく利用するのですが、ここは人が少なくて良い。


地下道をちょっと歩く必要はありますが、人混みが嫌いな自分としては良い通行ルートなんですわ。


電気街目的で秋葉原に訪れる人が多いと思いますが、喧騒につかれたならば神田川沿いを歩くのがオススメです。

ちょっと日が当たらずに暗い感じはありますけど、なんとも言えぬ趣がありますよ、神田川は。
昔ながらの東京の雰囲気というんですかね。


チェーン店にまぎれて古いお店もちょくちょくあって、ゆっくり歩いていると色々な発見があります。

神田川は隅田川につながっているので、一度秋葉原から隅田川の橋まで歩いて行ったこともあります。

それでも30分くらいだったような気がするので、そんなに遠くない。
帰りは浅草橋の駅を利用して帰宅。浅草橋は秋葉原と違って問屋街でこれはこれで面白い。

 

日本橋からの流れを受け継いでいるような土地なのですかね。
千代田区、台東区ってのは個人的に一番東京っぽい土地のような気がします。


上京する機会があったら、ココらへんにホテルを取って、観光すると楽しめるのではないでしょうか。